おさんぽ神保町とは

『おさんぽ神保町』とは
神保町ファンによる、神保町ファンのための地域限定フリーペーパーです。
かばんにちょっと入って持ち歩きやすいA5サイズで、街歩きにはピッタリ。巻末の地図は実際にスタッフが歩いて作っており、書店・飲食店もかなり詳細に載っています。16ページに神保町の街の情報がぎっしり詰まっています。

編集室は九段下にある小さな印刷会社の中にあります。
スタッフは近隣のサラリーマン・OL・大学生・商店主さん・お住まいの方などなど、さまざまな方が集まっています。

上は65歳から下は19歳まで、職業も違えば年齢も違う。
ひとつだけ共通していることは「神保町が好きだ」ということ。
それぞれがこの土地にさまざまな思いを持って関わっています。

「神保町の地域限定誌を作りたい。」と思い立ったのが3年前の2005年の春のこと。
きっかけは、毎年5月に開催されている「すずらんまつり」に、あるひとりの画家さんから誘われたことからでした。

それははじめて聞くおまつりの名前でした。
長年千代田区で勤務していても、ただ自宅と勤務先の繰り返し。隣で起こっていることにさえ、目を向けることはありません。
この土地のことを全く知らなかった私はそこで、この街の文化にこだわって大切にしている本の街の人達にたくさん触れ合いました。

われわれなりに町おこしを手伝いたい。
この土地の魅力や活躍する人達をもっと知ってもらいたい。
はじめからwebで情報を伝えようとは思いませんでした。
それには紙に刷って製本した「本」でなければならないと思いました。
それが“本の街”の土地の地場産業であるからです。
九段下にある小さな印刷会社も、そこで働く私も、そのはしくれとしてなにかできることがある。
たくさんの街の方達の理解と、あたたかな応援で作ることができています。

この街の熱烈なファンは全国にたくさんいると思います。
webサイトを見て、手に入れたくなった方はぜひぜひ神田神保町まで遊びにいらしてください。
この時代にちょっと意地悪かも知れませんが(笑)。

そして神保町を“おさんぽ”してくれたら、幸いです。

「おさんぽ神保町」編集長 石川恵子