編集室だより

ワンコランチとしての「博多天神」

2010年 7月 21日by  狸白
コメント:0 トラックバック:0

随分間が空いてしまいました。申し訳ありません。

さて、ラーメンとカレーと言えば、もはや国民食とも言うべきもので、これをランチから外す事は断じてできますまい。中でもラーメンは、元々は中華そばだったものが、戦後日本で豊かな一食文化を発展させました。日本のラーメンは、はっきり言って日本食を代表できるだけのパフォーマンスを持っています。
時に最近はラーメン屋さんも競争が激しく、行列などできる一部の店を除いて、チェ−ン店などではワンコランチ戦に参戦するところも多くなりました。
中でも、九州ラーメン系が好きな狸白は、お茶の水駅至近に二軒ある「博多天神」が気に入っております。早くからここはラーメン500円を打ち出し、替え玉ひとつまではサービス、料金内なので、量的にもほぼ満足できるものがあります。狸白がよく行くのは駅前交番の斜向いの方。ここはとにかく、スピード感があります。これはポイントが高い。限られた昼休みの時間内で、並ぶなどということは言語道断。ここなら、注文してからほぼ2分以内にラーメンが出て来ます。客も心得たもので、長っ尻はおりません。さっと喰って、さっと出て行く。粋です。
さて、モノはどうかというと、きくらげ、海苔、ゆで卵半分、チャーシューというメインの具は一つずつですが、必要にして十分。テーブルに出ているゴマ、胡椒、スープ、にんにく、紅ショウガ、辛子高菜漬けなどを、それぞれの好みで好きなだけトッピングして食します。ダイエット中の方は替え玉を控え、一玉で席を立つべきでしょうが、最近の狸白は一時の決意はどこへやら、しっかり替え玉を頼んでしまいます。一例としての作法を開陳しますと…。一杯目はゴマ、胡椒、スープのみをトッピングし、きくらげ、チャーシューか卵のどちらかを麺と共に食べます。麺があと二口くらいで無くなりそうになったら「替え玉、願います」と声をかける。替え玉が来たら、辛党としては今度は辛子高菜だけを目一杯入れて、スープを真っ赤にし、紅ショウガを少々投入しつつ完食。最後の麺は、大事にとっておいた海苔をくるんで〆ます。
気合いの入った店員さんに「ごちそーさん」と声をかけながら、500円玉一個で勘定を済ませやおら席を立つと、何やらアジア的な充実感が総身に充ちるのであります。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://osanpo-jimbo.com/blog/staff/4761/trackback

「ワンコランチとしての「博多天神」」へのトラックバック: