編集室だより

東京堂書店で豆本がちゃぽん

2009年 11月 28日by  石川
コメント:0 トラックバック:0

東京堂書店さんで、とある取材のあと。
いま話題の「豆本がちゃぽん」やってきました。
人気過ぎて、製造が追いつかないほどなのです。

なんだか懐かしいケースから、ポンっと出てきたちいさな豆本。
手のひらサイズの丸いケースに入るくらい小さくてかわいい。
装丁も、カバーに覗き窓が付いていたりして凝ってます。

なかの文をちょっとだけ引用

せきがでて
きみが
ふりむく

きょうだけは
ありがとう
かぜ

ソラミミ
流川透明著(詩人・豆本作家)
「せき」より引用

「ストーカーの話じゃないですかっ」っていう部員もおりましたが。

まぁ、「純愛」と「ストーカー」は紙一重ってことで。

ちなみに取材は「神保町の看板娘」を探す取材でした。

明治大学波照間ゼミの神保町アートライブラリーの写真展に向けてです。
おさんぽ写真部のみんなで撮影しました。

私が街でいつも元気をもらう、魅力的な看板娘たち。
働いている姿が美しい。

明治大学アカデミーコモンで12月3日(木)から13日(日)まで展示をしています。

いずれも素敵な表情が撮れました。
見たらドキドキしちゃうかも。

写真展を見て「看板娘」に惚れてしまっても。

みなさんストーカーはしないように。
純愛でいきましょう♪

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://osanpo-jimbo.com/blog/staff/3668/trackback

「東京堂書店で豆本がちゃぽん」へのトラックバック: