編集室だより

神保町チャボー「大改訂版!!そして龍馬は殺された」

2016年 4月 28日by  島田 敏樹
コメント:0 トラックバック:0

おさんぽ神保町の20号の、うまうま日誌の神保町チャボのホワイトカレーが美味しそうでした。昼は神保町チャボでホワイトカレーを食べることにしました。

神保町A7の出口を出て、すずらん通りの裏通りを進むと、山小屋風の喫茶店さぼうるがあります。
さぼうるを通過しギャラリー珈琲店古瀬戸の前の通りを超えて、(元)鶴谷洋服店の横道に入ると、煉瓦の壁の喫茶店ラドリオやタンゴの音楽が聞こえてくるミロンガ・ヌオーバがありました。まるで大正昭和初期に紛れ込んだようです。

ミロンガ・ヌオーバの隣の趣のある白い壁に木の扉、藍染めの大きな暖簾が掛かっている建物が神保町チャボです。

神保町チャボに着くと、扉の前に神保町の劇団「神田時来組」の公演「大改訂版!!そして龍馬は殺された」のポスターが置いてありました。
神保町チャボの店長の根岸さんは神田時来組の劇団員で「大改訂版!!そして龍馬は殺された」の公演に中岡慎太郎役で出演しています。

お店に入り、扉の近くに座り、
メニューを見ると、豚煮、海老、彩り野菜のホワイトカレー、キーマカレー、麻婆カレー、飲み物はホットコーヒー、ジンジャエール、ウーロン茶、北海道ガラナなどがありました。
ホワイトカレーには飲み物とサラダがついています。

ウエイトレスさんに豚煮のホワイトカレーとホットコーヒーを注文しました。

実は、昨日神保町チャボの店長の根岸さんが出演している「大改訂版!!そして龍馬は殺された」の公演を観に行きました。
公演は坂本龍馬役の神田時来組組長の泉さんと、中岡慎太郎役の根岸さんのボケとツッコミを中心に龍馬の千葉道場時代、黒船の目撃、薩長同盟、寺田屋事件、大政奉還と進んで行きます。
そんな中、坂本龍馬は、いろんな人から命を狙われるようになりました。新藤栄作さん扮する見廻組佐々木只三郎も龍馬暗殺に執念を燃やします。龍馬は最後近江屋で暗殺されることになるのですが、果たして誰が龍馬を暗殺したのでしょうか。
昨日は、休憩をはさんで180分の公演でした。

しばらくしてウエイトレスさんが、サラダと豚煮のホワイトカレーを持てきてくれました。
サラダはマカロニとレタスのサラダです。ホワイトカレーはサフランライスにクリームシチューのような白いカレーがかかっていました。
食べてみるとまろやかなカレーです。豚煮は一晩寝かせた自家製肉だそうです。肉厚で柔らかい肉でした。

公演には、坂本龍馬役に神田時来組組長の泉さん、中岡慎太郎役に根岸さんの他、お竜に熊切あさ美さん、お登勢に元宝塚のえまおうさん、西郷吉之助に元ロッテの愛甲さん、佐々木只三郎に新藤栄作さんが出演していました。

坂本龍馬もののコメディで大変面白く、平日の真ん中の水曜日の公演だったのにほぼ満席でした。

サラダとカレーを食べ終わった後、ウエイトレスさんがホットコーヒー持ってきてくれます。コーヒーを飲むとホワイトカレーに会う苦みのある味でした。

コーヒーを飲み終わり、会計を済ませてお店を出ました。

神田時来組「大改訂版!!そして龍馬は殺された」の公演の場所は俳優座劇場(東京港区六本木4-9-2) 公演日程は 2016年4月27日(水)~5月1日(日)です。
詳細はこちらで http://tokigumi.co.jp/daikaitei/をご覧ください。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://osanpo-jimbo.com/blog/staff/15647/trackback

「神保町チャボー「大改訂版!!そして龍馬は殺された」」へのトラックバック: