編集室だより

千鳥ヶ淵のさくら

2016年 4月 2日by  島田 敏樹
コメント:0 トラックバック:0

4月に入りましたが、まだコートが必要な日が続きます。
今年のさくらの開花は、例年よりも5日早い3月21日でしたが、4月2日になり、ようやく満開になりました。
今日明日が満開のさくらが、見られる最後の土日になりそうです。千鳥ヶ淵にさくらを見に行きました。

駿河台下から、靖国通りを千鳥ヶ淵に向かいます。駿河台下から専大通りに向かう靖国通り沿道は春の古本まつりで、古本のワゴンが並んでいました。ワゴンの両端には、さくらの造花が、結びつけられており、北の丸公園から駿河台下までの靖国通りは、さくら並木のようです。

途中の神保町交差点に差し掛かると、チャイナドレスを着た共立女子大生が、二胡でオードリー・ヘップバーンが主演した映画「ティファニーで朝食を」の主題歌ムーン・リヴァーを弾いていました。
その隣で、甘酒を配っていたので、甘酒をもらいそれを飲んでから専大通り交差点へ向かって歩きました。
専大通り交差点を超え、俎橋を渡り、九段坂を上ると北の丸公園です。北の丸公園沿いの歩道は、すごい人の行列です。
その行列について歩いて北の丸公園沿いに行き、左側に曲ると千鳥ヶ淵緑道です。
行列は、千鳥ヶ淵緑道の終わりまで、続いていました。

千鳥ヶ淵緑道を歩いていると、桜並木が続きます。あいにく曇っていて、雨が降りそうな天気です。桜は満開で、入道雲のように空を覆い尽くしているのですが、曇った空の色と薄ピンクの桜の花との境界がつかないくらいでした。

暫く行くと、千鳥ヶ淵の池の幅が広くなりました。
桜が、千鳥ヶ淵緑道と北の丸公演の双方から、水を求めて、千鳥ヶ淵の池にせり出しています。千鳥ヶ淵の池の中には、ボートを漕いでいる人がいました。千鳥ヶ淵の崖には、菜の花が咲いています。

更に先に行くとボート乗り場の出口に着きました。
ボート乗り場の出口の迫り出している展望台は、さくらの絶好の撮影スポットのようです。すごく大勢の人が、スマホやカメラで写真を撮っていました。

ボート乗り場の入り口付近にトイレが、有り、その横で、さくら見守り隊のボランティアの人が、募金を呼びかけていました。
その付近にベンチもありました。
千鳥ヶ淵緑道では、宴会やレジャーシートを広げての場所取りは禁止されているので、お酒を飲んで盛り上がっているグループはいませんでしたが、ベンチに腰かけて弁当を広げている人はいました。
先に進むと、千鳥ヶ淵緑道は狭くなり、首都高速環状線が見えます。千鳥ヶ淵緑道は、終わりました。
イギリス大使館の方の交差点を渡り、半蔵門から、東京メトロで帰りました。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://osanpo-jimbo.com/blog/staff/15385/trackback

「千鳥ヶ淵のさくら」へのトラックバック: