神保町イベントブログ

神保町ブックフェスごみ会議。

2008年 10月 8日by  石川
コメント:0 トラックバック:0

神保町応援隊結成当初からやっているのが、イベントでのゴミ減量活動。
応援隊の“お家芸”ともいえるこの活動。最近ではゴミ分別隊なんて呼ばれています。

私がおさんぽ神保町を作るきっかけともなった神田すずらんまつり。
その事務局に参加した当時、かつての事務局長さんから「清掃係一緒にやってくれる?」と、
ちょっと申し訳なさそうに(笑)声掛けがあったのが始まりでした。
当時はまだ応援隊も発足していませんでした。

商店街でも町会でも、イベント時のゴミの片づけはどこも頭を悩ませています。
われわれは千代田清掃事務所のアドバイスをいただきつつ、分別用のゴミ箱を借りて分別をしています。
 

神保町ブックフェスティバルでは、例年の三分の一にゴミを減らすことができたんですよ。
いつも長い時間かかってしまっていた回収作業も一時間ほどに短縮。
これはちょっと自慢です。
明治大学や共立女子大など、地元大学生の若い力も大きいです。
一見“ちょっと今風”の学生も地道に頑張ってくれます。
小さいお子さんも楽しそうに分別してくれたりします。嬉しいですね。
 

今日は清掃事務所のごみ減量係の方とちよだ環境ボランティアさんを交えてのゴミ会議でした。
実は今年の10月から、千代田区の分別の仕方がおおきく変わります。
資源回収できないプラスチックなどは可燃ゴミとなります。
いままで不燃ゴミとして処理していたものの大半が、燃えるゴミとして処理されることになります。
そんなこともあり、イベントごみのわけ方はどうするか?
というのが今日の議題でした。 

応援隊は今年もブックフェスでゴミ分別隊を出動します。
ゴミ箱のそばで、応援隊のTシャツを着て分別指南役をしている人を見かけたらご協力くださいね。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@神保町イベントブログ

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://osanpo-jimbo.com/blog/event/982/trackback

「神保町ブックフェスごみ会議。」へのトラックバック: