ニュース&イベント

roji to hito in 路地と人

2010年 4月 13日by  こにたん
コメント:0 トラックバック:0

事務所の隣の部屋で始まった「路地と人」というスペースが、いよいよ正式オープンとなります。

————————————————————–
タイトル:roji to hito
会期:2010年4月10日(土) → 4月25日(日)
時間:13時~19時
休み:13日(火)~15日(木)、20日(火)~22日(木)
会場:路地と人
住所:東京都千代田区神田神保町1‐14 英光ビル2階
プログ:http://rojitohito.exblog.jp/
連絡先:rojitohito@gmail.com

内容:
「路地と人」 メンバーが各自の仕事を携えて饗宴する全10日間。
各々の展示による、部屋全体でのインスタレーション。
以下は、作品、展示物に関するコメントです。

・安岐理加  無人島/その島に辿りつくこと
・大村みよ子 油土による小さな彫刻「軟らかい物のための庭」
・言水ヘリオ 『神曲』地獄篇、須賀敦子の授業。
・西山里香  今回は水面下。只今路地と人で準備中
・原田淳子  山のあなたに向かう絵画。揺れるたまごたち。

催し:
「ナイター」と称して、照明を落とし、映像、音楽、話しなどを通し来場者との交流をはかります。

ナイター 各日19 時~/無料/ 1 drink order please! の日はご注文(150円~)をお願いします
4 月10 日(土) 釣魚食祭 オープニングパーティー(この日だけ17 時~)1 drink order please!
4 月11 日(日) 卑俗のP.P.P. (ピエール・パオロ・パゾリーニ監督『アッカトーネ』)
4 月12 日(月) 馬鹿馬鹿しいなL.B. (ルイス・ブニュエル監督『昇天峠』)
4 月16 日(金) 辿り着けない山A.J. (アレハンドロ・ホドロフスキー監督『ホーリー・マウンテン』)
4 月17 日(土) バトントーク(安岐→大村→言水→西山→原田)路地と人のこれからと今後
4 月18 日(日) 船上にJ.D. (ジャック・ドワイヨン監督『ラ・ピラート』)
4 月19 日(月) エスカレーターでM.B. (『マルクス兄弟デパート騒動』)
4 月23 日(金) 思い出のレコード(DJ:言水)1 drink order please!
4 月24 日(土) S.S.Y. の島でS.M. (篠田正浩監督『瀬戸内少年野球団』)
4 月25 日(日) 終わりたくない夜とあなた(ラジオを聴きながら) 1 drink order please!

路地と人について:
路地と人では、展示、書店、喫茶、演奏、上映、朗読、集会、講座など、さまざまなことを行います。
ここはギャラリーではありません。人の行き来する部屋です。
運営は、安岐理加、大村みよ子、言水ヘリオ、西山里香、原田淳子の5名が共同で行っています。
2010年1月から、数回の展示、ライブなどを実施しましたが、今回の「roji to hito」が正式オープンとなります。
神保町交差点から少し入った路地にある古い建物(築約45年)の、4.5坪ほどの小さな部屋で、形に囚われない活発な試みを続けていきます。

今後の予定(展示):
5月 小田島等展
6月 毛利悠子展
8月 ユタカワサキ展
8月~9月 小林健二ワークショップ展
10月 彫刻が好き展
10月~11月 古書展
11月 利根川友理展

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@ニュース&イベント

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/news/4483/trackback

「roji to hito in 路地と人」へのトラックバック: