ニュース&イベント

6/9(金)・6/10(土)☆国立情報学研究所 オープンハウス2017:未来を紡ぐ情報学 ※入場無料

2017年 4月 21日by  海の子
コメント:0 トラックバック:0

国立情報学研究所は、人工知能やロボット、映像検索や音声合成、学術情報の流通を支えるネットワークなど幅広い分野にわたる情報学の研究を行っています。

6月9日(金)、10日(土)に開催する「国立情報学研究所オープンハウス2017(研究成果発表・一般公開)では、基調講演、デモやポスター展示、小学生向けの情報学ワークショップなどの研究成果を紹介します。

NII研究100連発」ではNIIの教員が計100件の研究を発表します。

デモ・ポスター展示」では情報学研究の一端をお見せするとともに、来場者が研究者に直接ご質問いただける機会も設けています。

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

——————————————————————————————

■国立情報学研究所 オープンハウス2017-未来を紡ぐ情報学

日 程:2017年6月9日(金)・10日(土)  入場無料

会 場:学術総合センター 1階・2階ほか(千代田区一ツ橋2-1-2)

最寄り駅:東京メトロ東西線「竹橋」1b出口 徒歩3分
半蔵門線「神保町」A8,9出口 徒歩3分

詳 細:http://www.nii.ac.jp/openhouse/

対 象:大学教職員、企業、一般、大学生、高校生、小中学生

——————–———————————————————————-

■オープンハウスのみどころ

◆6月9日(金)16:00~16:50 基調講演

「オープンサイエンスを支える新しい学術情報基盤」

山地 一禎[NIIコンテンツ科学研究系 准教授]

公的研究資金を受けた研究の成果は、公共財として原則公開されるべきであるという考え方が、世界的に波及しつつあります。研究者間での成果の利活用だけではなく、新たな産業の創出や、一般市民の科学への参加も期待されています。これまで論文や本を対象としてきた学術サービスも、変革を求められることになります。本講演では、オープンサイエンス時代の到来に向けて準備を進めている、国立情報学研究所の新しい学術情報基盤について紹介します。

◆6月10日(土)13:00~14:20 NII研究100連発

NII で活躍する研究者10 名が、1 人10 件、合計100 件の研究を発表します。情報学の幅広い分野を俯瞰し、情報学の未来をともに考える75 分の白熱プレゼンをお届けします。

◆6月10日(土)10:30~16:45 SINETアイデアソン

「100Gbps/フルメッシュだから〇〇」

SINETは、日本全国の大学・研究機関等の学術情報基盤として、国立情報学研究所が構築・運用している情報通信ネットワークです。広帯域100Gbps、低遅延フルメッシュを特徴とする最先端インフラをどのように使うかアイデアソンを実施します。

◆6月10日(土)11:30~12:30 / 14:30~15:30 小学生のための情報学ワークショップ

「くまを動かそう!~楽しいプログラミング講座」

誰でもかんたんに体験できるプログラミングで、くまのぬいぐるみを動かしてみましょう︕プログラミングが初めてでも楽しく学ぶことができます。

◆6月10日(土)15:00~18:00総合研究大学院大学情報学専攻 入試説明会・個別相談会

総合研究大学院大学 情報学専攻に関する出願方法、在学生からの学生生活紹介、ポスター見学、個別相談会を開催します。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@ニュース&イベント

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/news/18339/trackback

「6/9(金)・6/10(土)☆国立情報学研究所 オープンハウス2017:未来を紡ぐ情報学 ※入場無料」へのトラックバック: