編集室だより

神保町応援隊、雪だるまに思いを込めて

2012年 2月 12日by  hirono
コメント:0 トラックバック:0

1月21日(土)・22日(日)、神田小川町にある小川広場を中心に
第11回神田小川町雪だるまフェアが開催されました。

恒例の雪だるまコンテストには神保町応援隊も出場。
初日である21日は小雨まじりの天候のなか、
往来の人々に見守られながら雪だるまの制作を行いました。

神保町応援隊の選んだテーマは“絆”。
雪だるまの題材は「friends もののけ島のナキ」に登場する
キャラクターのコタケ、ナキ、ゴーヤンです。

題材となった「friends もののけ島のナキ」は
童話として有名な「泣いた赤おに」を原作とするアニメーション。

神保町応援隊には東京アニメーター学院生も参加しており、
雪だるまの題材選びもさることながら、
制作にも遺憾なく力を発揮しました。

群馬県嬬恋村バラギ高原より運ばれた雪から
コタケ、ナキ、ゴーヤンが誕生します。
通りかかった親子連れの少年が「あっ、コタケ」と叫ぶ場面も。

こちらはダルマの目入れならぬ
ゴーヤンの目入れです。

いよいよ“絆”の文字を記すことに。
雪を崩さないように慎重に慎重に。

子どもたちに大人気だった
神保町応援隊の雪だるま。
惜しくも大賞は逃しましたが、
多くの来場者に喜んでもらえました。

作品名は「泣いた赤おに」“ナキとコタケの物語”

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/staff/7620/trackback

「神保町応援隊、雪だるまに思いを込めて」へのトラックバック: