編集室だより

Jazz&Bar Concert(コンセール)

2021年 11月 3日by  菜摘
コメント:0 トラックバック:0

はじめまして。菜摘です。
この度、おさんぽ神保町で活動することになりました。
よろしくお願いします。

今日は「Jazz&Bar Concert(コンセール)」を訪れたときのことを書きます。
この日は「おさんぽ神保町」の活動についてお話を伺うため、おさんぽ神保町のみなさん(石川編集長、石井さん、多賀さん)とご一緒させていただきました。
_

コンセールは、バーテンダーの佐々木茜さんが切り盛りされているお店で、
季節のフルーツカクテルがとても美味しいと話題です。

秋も深まるこの日のフルーツカクテルは
「すだち・ぶどう・梨・林檎」の究極の4択です。
私は迷いに迷ってぶどうのカクテルを注文しました。佐々木さんはみなさんの注文を受けて、立派な梨をむいている…(こんなに丁寧に作ってくださるなんて!こんなに贅沢に果物を使ってくださるなんて!)と、内心早くも感動です。ほどなくして素敵なカクテルが登場し、緊張が抜けきらなでいた私も自然と頬が緩みました。

にっこり梨のカクテルは、
丸いグラスに蝶のペーパークラフトが飾られて華やかです。

すだちのカクテルは、
澄んだカクテルに、ころんとしたすだちの実の愛らしさがあります。

ぶどうのカクテルは、
鮮やかな紫が美しく、大粒の巨峰がグラスの縁に飾られている贅沢な一杯です。早速ひとくち頂くと果肉や皮の粒感を感じる豊かな味わいでありつつ、のどごし良く、瑞々しく、とてもおいしい!下戸であることは一旦なかったことにして、するすると飲んでしまいます。

店内は淡い照明とろうそくの光で仄かな明るさ。
ゆったりしたジャズのレコードがかかり、落ち着いた雰囲気です。
そして、どっしりと重厚感のある木製のカウンターがとても素敵で…そんなお話をしていたら、カウンターはこの場所でカフェをしていた方から譲り受けたものと教えていただきました。また、照明やレコードの一部もお客様が選んでくださったものとも知り、皆さまから愛されているお店なのだと改めて感じました。
_

美味しいお酒を飲み、素敵なお話を伺ううちに緊張もほぐれてきて、「おさんぽ神保町」や神保町のことについてお話することができました。神保町大好き人間の私は楽しくて仕方ありません。

「神保町」と言えば世界一の古本街をはじめ、
喫茶店、カレー店、オフィス街など様々な魅力を持つ街です。
私が神保町へ通うきっかけは本でした。(時にはリュックサックの背負い紐が千切れてしまうほど本を買って途方に暮れたこともあります。)きっかけは本でしたが、すぐに何とも言えぬ街の居心地の良さにも引き込まれ、用事がなくても神保町を訪れ、おさんぽするようになりました。今では神保町へ引っ越してきてしまうほど、正真正銘 神保町の虜 です。

古本街、喫茶店、それ自体も「本当に最高!」なのですが、そういった特徴だけでは語り尽くせぬ魅力も纏っている街だと思います。その魅力を上手にお伝えすることは、まだ私には難しいのですが、神保町の皆さんや神保町を訪れる皆さんが、この街や店々を愛し大切にしていることが、街の柔らかで心地よい空気に大きく関係しているように思います。もっと知りたい、そしてお伝えしたいです。

おさんぽ神保町の目的「この土地の魅力や活躍する人達をもっと知ってもらいたい」を、私も微力ながらお手伝いできるよう、一生懸命頑張りたいと思います。

最後になりましたが、佐々木さん、美味しいカクテルをごちそうさまでした。
また近々お伺いします♪
_
_
菜摘

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/staff/21451/trackback

「Jazz&Bar Concert(コンセール)」へのトラックバック: