編集室だより

「幻想古書店で珈琲を」完結編

2018年 9月 20日by  島田 敏樹
コメント:0 トラックバック:0

神保町の三省堂書店に行って見ると、新刊本コーナーで、「幻想古書店で珈琲を」という文庫本が完結編が棚に並んでいました。

「幻想古書店で珈琲を」は三省堂書店の元書店員が書いた神保町を舞台としたファンタジーなので、第1巻から、読んでいます。

第1巻が2015年の9月の刊行され、 その時、本ブログでも紹介してました、

それが。当時三省堂書店神保町本店でPOPに使ってもらていたのを発見し、感激しました。

物語は、就職した会社が倒産し、無職となった主人公名取司が、神保町三省堂書店4階の古書館の奥で珈琲の香に誘われて、珈琲の飲める古書店「止まり木」の扉を見つけたところから始まります。司は「止まり木」で就職が見つかるまでの間アルバイトをします。「止まり木」の店主は魔法使いの亜門で本や人の縁を失った人だけが来店できます。

亜門と司によって来店した人の失った縁を紡いでいくお話しです。
完結編の発売を記念して、亜門と同じ世界の友人コバルトが2018年9月18日に三省堂書店神保町本店に現れます。
コバルトは、ルイスキャロルの「不思議な国のアリス」でティーパーティをしていたマッドハッタ―。
2巻ではコバルトは司を青薔薇庭園のティーパ―ティに連れて行きます。

ティーパーティのゲストは三日月うさぎと眠りネコ、もう一人招待状を出し忘れたゲストを司は探しに行きました。

招待状を出し忘れたゲストは誰なのでしょうか

完結篇はどうなるのか、

気になったので、早速三省堂書店で買い近くの喫茶店で読みました。

人間の寿命は、魔神の亜門と違い、限られています。
何年も人間と出会い、親しくなるたびに、人の死をみとり、別れの悲しさを味わっていた亜門。
そんな亜門を悲しませないよう、死んだ後も亜門との縁を紡いでいけないだろうか、司は悩みます。

「幻想古書店で珈琲を」完結編 蒼月 海里著 ハルキ文庫

神保町書店にて販売中です。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/staff/20074/trackback

「「幻想古書店で珈琲を」完結編」へのトラックバック: