編集室だより

神田明神奉納プロレス

2018年 3月 31日by  島田 敏樹
コメント:0 トラックバック:0

相撲に奉納相撲があるように、プロレスも奉納プロレスをやってみようと、
神田すずらん祭りや神保町ブックフェスティバルでおなはし会をしたり、地元の劇団の神田時来組でも活躍されているホワイトカレーの神保町チャボの店長の根岸さんが、神田明神の祭務所地下ホールで奉納プロレスを開催しました。

11時にねぎかぉコショタンのお話し会、ちびっこプロレス教室等子ども向けのイベント。

昼にイベント用に館内で売っていた神保町チャボさんのホワイトカレーを食べて、
14時からゴングです。

14時に館内に戻ってみると満席ですごい熱気でした。
第1試合は神田そば打ちレスラー櫻井匠とちびっこプロレス教室校長渡辺宏志の神田プロレス組VSピラミット王 秀・オブ・ザ・イルミティと神田でも番町松崎和彦の悪者レスラー組の対戦です。
レフリーの見ていないところで、秀・オブ・ザ・イルミティさんが椅子を使って反則をしてきたのに対し、低い天井に関わらず、櫻井匠さんのドロップキックの技が決まっていました。
次の試合は神田プロレス選手会長那須晃太郎と神田スポーツ店連絡協議会公認レスラー神田スキーフェラリ―組VS浅草プロレス主催雷神矢口と忍者ファイター茉峲組の対戦です。
那須晃太さんは観客に神田、神田のコールをあおって浅草が地元の雷神矢口さんと対抗していました。
この試合は、神田スキーフェラリ―さんの引退試合で、神田スキーフェラリ―さんは雷神矢口と茉峲組の反則に耐えて、スリーカウントのフォール勝ちします。

試合後神田スキーフェラリ―さんの引退セレモニーで、角谷さんが記念品を渡しました。

本日のメインイベントはCCWカナディアンヘビー級王者藤原秀旺対正則学園野球部出身レスラー佐藤恵一のタイトル戦です。
王者藤原秀旺さんは最初は、紳士的に握手をしてきたものの
レフリーの見ていないところで、スーツから凶器を取り出したり、場外どころか館外に飛び出すなどの大乱闘。
佐藤恵一さんは立ち直って、エルボードロップを繰り出して反撃しますが、
最後は、王者藤原秀旺さんのバックドロップで、スリーカウントのホールド負けでした。
迫力満点の試合でした。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/staff/19641/trackback

「神田明神奉納プロレス」へのトラックバック: