編集室だより

『おさんぽ神保町』編集長と古書店街ぐるっと巡ろう

2018年 3月 4日by  島田 敏樹
コメント:0 トラックバック:0

おさんぽ神保町の編集長が、ほぼ毎週土曜日に行っている神保町街歩きに参加しました。

朝11時に神保町駅A9の出口 で待ち合わせをして出発しました。
まず、学士会館に行きました。
茶色のスクラッチタイルに覆われたモダンでクラシックな建物。
関東大震災後の昭和3年(1928年)建てられた耐震耐火の鉄筋鉄骨コンクリートの建物です。
それから、白山通りを渡り、さくら通りの山形屋紙店に行きました。


明治12年の創業し、店の裏側には、大正元年に造られ、関東大震災や東京大空襲にも耐え抜いた立派な倉があります。

再び、白山通りを渡り、すずらん通りに入りました。
池波正太郎が上海焼きそばと食べたという揚子江菜館、
その先の小諸そばに入っているビルは震災復興建築です。
その向かい側には、すずらん通りに移った本と街の案内所でした。

本と街の案内所は、膨大の本の在庫を抱える本の街神保町の在庫を本を求めて神保町に訪れる人に図書館のようにどこの書店にあるか検索してもらえる場所です。
新しい本と街の案内所は、さらに神保町の名所についても検索し、オリジナルの地図とその解説をプリントアウトできるようになっていました。
本と街の案内所を出て、先を進むと江戸川乱歩が穴子天丼を食べたはちまきさんがあります。
先に進むと、文房堂のアンティークな建物があり、駿河台下のすずらん通りの入り口から、靖国通りに出ました。
すずらん通りは、まだまだ古い建物が残っているとはいえ、ここ数年でずいぶん変わってしまったなと思います。

靖国通りに行ってしばらく行くと、浮世絵の看板が見えました。
和本の大屋書房がありました。
それから、靖国通りを間直ぐに行き、京都便利堂、神田古書センター、ブッケン・ロック・サイド、矢口書店をえて、ブックハウスカフェに行きます。
神保町に唯一のこどもの本の新刊本の専門店ブックハウス神保町がありました。
昨年2月に惜しまれつつ閉店してしまいます。
ブックハウスカフェの店長さんは、神保町にこどもの本の専門店を残したいという強い思いで、ブックカフェとして,こどもの本専門店を再スターとしたと語っていました。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/staff/19555/trackback

「『おさんぽ神保町』編集長と古書店街ぐるっと巡ろう」へのトラックバック: