編集室だより

第31回神田すずらんまつり

2017年 5月 28日by  島田 敏樹
コメント:0 トラックバック:0

5月27日(土)に、第31回のすずらんまつりが、神田すずらん通りで開催されました。
神田すずらんまつりの第1会場は、和太鼓、スクエアダンス、吹奏楽コンサート、指笛コンサート、ライブパフォーマンス、デキシーランドジャズなど、音楽やダンスを中心に行います。

第2会場は、音福さんの津軽三味線、こども向けおはなし会、古書店のユルキャラ、コショタンとの記念撮影を行っていました。
前回は、第2会場が中心だったので、今回は第1会場中心に見て回りました。

11時になり、第1会場で、神田すずらん通りの理事の方のお話しで開会しました。
開会の御言葉が終わると、御茶ノ水小学校の和太鼓が始まります。御茶ノ水小学校の小学生の演奏する太鼓のうち、御茶ノ水太鼓は小学校で代々受継がれていったものと小学生が語っていました。伝統の太鼓の力強い音が聞こえてきました。
和太鼓の後、スクエアダンスが始まります。ユアマイサンシャインの音楽に合わせて、華やかな衣装を着た男女が4名1組となってフォークダンスのようなダンスを踊っていました。
スクエアダンスを見ていたら、おさんぽ神保町のカメラマンの方が来年の春のすずらんまつりに乗せる写真を熱心に撮っていました。

昼に時間が空いたので、昼ご飯を食べに行きました。すずらん通りにワゴンが並んでいて露店が出ています。露店は、神保町界隈の名店が出店していました。
学士会館さんが肉サンドやメンチカツ、三幸園さんがハラミ肉の串刺し、肉まん、小林のおにぎりさんがおにぎり、ティーハウスタカノさんが紅茶にスコーン、SANGAN[さんがインドカレー、豆香房さんが珈琲などが出店していました。

エスぺリアでロゼを買い、学士会館のビーフサンドとを三幸園でハラミ牛の串刺しを買って食べました。
エスぺリアの甘くないロゼが、牛肉に合いました。
暑かったので、のどが渇きタカノさんで、アイスティを買って飲みました。

露店は、飲食の他、囲碁、水彩画、似顔絵等のイベントや三省堂書店さんは、文房具でくまもんのグッズや、東京堂書店さんが本、ボヘミアギルドさんが古書や夏目書房のティシャツ、などが売っていました。

すずらん通りの真中に白バイが止まっていて、子供が乗って写真を撮っていました.

午後から、指笛の演奏会があります。鯉のぼりやみかんの花咲く丘など、5月の初夏の晴れたすずらん通りにすがすがしいメロディーが流れます。

明大生のバケツを使ったライブパフォーマンスが終わり、デキシーランドジャズのジャズの聖者の行進が聞こえてきました。
5時になり、すずらん通りのお祭りが終わりました。
商店会の皆様、神保町応援隊のボランティの皆様、ありがとうございました。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/staff/18521/trackback

「第31回神田すずらんまつり」へのトラックバック: