編集室だより

神保町―モノクロ町画集

2016年 11月 15日by  島田 敏樹
コメント:0 トラックバック:0

「本屋図鑑」で絵を描かれた得地直美さんが描いたモノクロ町画集「神保町」夏葉社さんを神保町から先行販売中です。
神保町ブックフェスティバルで、夏葉社さんのワゴンに置いてあり、神保町の書店にも並んでいたので、気になっていたので、東京堂書店さんで買いました。

東京堂書店さんは、「神保町」の先行販売を記念して、軍艦Tシャツも販売しています。

軍艦とは、東京堂書店さんの1階のレジの前にある平台で、棚ざしや面陳列の本棚の下にぐるりと話題の新刊本等が、平積みされているのが、船のようなので、そう呼ばれています。
その東京堂書店さんの軍艦が、以前得地直美さんの「本屋図鑑」で描かれたので、記念のTシャツになったのです。

モノクロ画集「神保町」は、2010年から2016年の神保町の風景をモノクロで描かれていました。

神保町の風景を描かれたものに、下田裕治さんが描かれた「神田百景」(第一通信社発行、創栄社/三省堂発売)があります。1984年から2008年までの間の神田の風景を描かれたものです。
下田さんの描かれた時代はちょうどバブルが始まったころで、神保町もバブルに飲み込まれてしまうのではないかと心配されていました。
その頃の神保町の変化は激しく、そこに描かれた風景はもう見ることができなくなってしまったものもあります。
平成12年(2000年)の神保町再開発で、ロシア料理バラライカ、神保町の洋服屋がなくなり、茶房きゃんどるも再開発したビルの中に移転しました。
駿河台下を少し行ったところにあった大正13年(1924年)頃建設された靖国通りの12連長屋も、今では2連になっています。
俎橋から靖国通りの神保町3丁目に佇んでいた昭和2年(1927年)に建設された九段下ビルも平成24年(2012年)に解体されました。

得地直美さんの描かれた2010年頃からの神保町も、時代の流れと共にゆっくりですが、変化しています。

その時代の描かれた風景も今では見ることができなくなったしまったものもあります。
白山通りにあったスーパーのFjiyaはなくなり、今はドラックストア―になっています。

白山通り側のすずらん通りの入り口にあった床屋さんもなくなり、今では、銀だこになっています。

得地直美さんの描かれた神保町は、失われつつある神保町の風景を記録したものとして、大事にとっておきたいと1冊です。
また、描かれた神保町の風景は、神保町の魅力的な場所の素晴らしい風景を味わいのあるモノクロで描かれているものなので、この本をもってその風景を探しに神保町の街を歩いてみるのも楽しいと思いました。

「神保町」モノクロ町画集 得地直美著 夏葉社は

神保町書店にて、販売中です。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/staff/17973/trackback

「神保町―モノクロ町画集」へのトラックバック: