神保町の一コマ

サマーコンサートIN学士会館

2010年 8月 26日by  スギ タクミ
コメント:0 トラックバック:0

8月25日(水)に、【文部省唱歌からショパンまで】と銘打たれた、歌とピアノのサマーコンサートが、学士会館で行われました!

昼と夜、2回のコンサートでした。わたしは夜の部に行きました。

コンサートは二部構成。まず第一部は、

【大正から昭和前期の日本のうた~童謡・叙情歌・流行歌】

東京芸術大学教授の佐野靖先生の軽快なトークとともに、来場者が一緒に昔懐かしの歌を歌いながら、進みます。

みなさん、懐かしそうに、そして楽しそうに歌って盛り上がります。

私には半分ほどしか分かりませんでしたが・・・。

佐野先生の解説はとても分かりやすくて、あまり意識してみてこなかった、童謡の詞やメロディーの美しさを改めて実感しました。

*第一部で紹介された歌*

「琵琶湖周航の歌」「背くらべ」「しゃぼん玉」「砂山」「七つの子」「船頭小唄」「影を慕いて」「仲良し小道」「スキー」「里の秋」

そして、第二部は、【コンサート 各歌を味わうⅡ】

テノール歌手・布施雅也さんと、ピアニスト・前田拓郎さんによる、歌とピアノの演奏です。

布施さんの伸びやかで、だけど迫力ある声に感激。思わず見入ってしまいます。

特に、<武満徹うたの世界>から

「死んだ男の残したものは」(詩・谷川俊太郎)には鳥肌が立ちました。

ベトナム戦争のさなかの1965年<ベトナムの平和を願う市民の集会>のために作られたというその歌のメッセージを、布施さんはちゃんと伝えてくれました。

佐野先生もおっしゃってましたが、こういうメッセージ性の強い歌は後世に伝えるべき歌だなと思いました。

前田さんは、2008年首相官邸にて開催されたの古錦濤・中国国家主席を迎えての晩さん会の席で演奏されたという、日本一!といっても過言じゃないピアニスト。

ショパンから、「幻想即興曲」「スケルツォ第二番」「革命」を披露されました。

「幻想即興曲」はピアノに触れてるのか触れてないのか、というくらいに指先が躍っていて、

あまりに綺麗な音色に、ピアノがピアノじゃないように感じました。

普段、あまりピアノや歌のコンサートにいくことがないので、とても貴重なひとときでした。

学士会館のレトロな雰囲気も、とてもその音楽コンサートに似合っていて、空間ごと楽しむことができました。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@神保町の一コマ

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/snap/4869/trackback

「サマーコンサートIN学士会館」へのトラックバック: