本の街のお昼ごはん

夏を先取り♪戌享酒店のごまだれ冷やし中華

2009年 6月 17日by  石川
コメント:2 トラックバック:1
090610_1159~0001-0001.jpg

むしむしジメジメ梅雨空の季節がやってまいりました。
でも、そんなストレスをひととき忘れさせてくれるひと皿を見つけてしまいました。
今日のランチは「戌享酒店」の「五目冷やし中華(ごまだれ)」
靖国通り沿いにある、柳の木が目印の中国料理店です。
ごまだれ好きにはたまらない白ごまの濃厚さ。ほどよく酸味が効いて、最後のスープまであきずにいただきました。冷たくしまった中華麺に、とてもよく絡み合ってます。
上にのった具材も、イカ、エビ、クラゲ、チャーシューなどなど、ほどよいボリューム。
エビはぷりぷり、イカがやわらかーい。
デザートの杏仁豆腐もコクがあるのに、さっぱり。
1200円と、ランチにはちょっとお高めですが、大満足でした。
お粥が有名なお店だそうで、今年の正月にもたれた胃を解消するために行ったら階段まで並んでいた記憶があります。
お昼時はいつも混んでいる様子なので、少し時間をずらして行くのがオススメです♪

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

  1. あの柳のお店ですね。ごまだれ、美味しそうですね‼
    上に乗ったエビもいい。
    店名がいまだに読めません。

    By こばえもん Date 09/06/17 23:54

  2. ごまだれ、濃厚でうまいっすよ〜。
    皿を傾けて、最後の一滴までいただきました。
    読みは「カンキョウシュテン」です。

    By 石川 Date 09/06/18 10:46

前後の記事@本の街のお昼ごはん

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/lunch/2731/trackback

「夏を先取り♪戌享酒店のごまだれ冷やし中華」へのトラックバック:

  • Shin's appetite
    赤坂・中華「美食菜館」 『海鮮冷面』1,000円 とにかく量で勝負の店だが、久しぶりに訪れると冷やし中華が始まっている。ガラスの器が涼しげだ。一見すると少なく見えるが、食べていくとなか
  •