神保町イベントブログ

JARC本まつりinじんぼう~岡崎武志の古書店街ツアー編~

2010年 3月 4日by  石川
コメント:0 トラックバック:0

さて、続いては街の探検隊。

著者「女子の古本屋」などで知られる、古本ライター岡崎武志さんの、
神保町古書店街ツアーに参加してきました。

千代田図書館を出発して、最初に到着したのが、さくら通りの「鳥海書房」。
自然や生き物に関する本が充実。おもしろい図鑑なども豊富でした。店前のワゴンも楽しい。

次は岩波ブックセンター上の「秦川堂」。

全 国、いや世界の古地図でいっぱいでおどろきました。
古い地方の絵葉書とか地域性がたっぷりでていて、とても楽しかった。
最近ではテレビ番組「ぶらタモリ」で紹介されて、巷で話題ですね。

最後は「みわ書房」。児童書や絵本の古本ならここですね。

小学校の図書館にあったなぁ、というようななつかしの本がたくさん。
思わず子どもの頃にタイムスリップ。

しかしこのツアー、特にガイドさんがそれとわかる旗を持つでも、声を張って説明するでもなく
「岡崎さんのさんぽについてきちゃいました」的な感じで、すごくユルい感じが
神保町らしくて良かったです。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@神保町イベントブログ

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/event/4230/trackback

「JARC本まつりinじんぼう~岡崎武志の古書店街ツアー編~」へのトラックバック: