本の街・読書人の会

【読書日記002】「資格試験の合格技術」 多田健次 マガジンハウス

2009年 5月 5日by  sugiyuzu
コメント:0 トラックバック:0

こんにちは、sugiyuzuです。

本日はセミナーで何度かご一緒させて頂いている知人の本のご紹介です。

「資格試験の合格技術」 多田健次 マガジンハウス

最近、時勢もあってか資格試験が注目されているように思います。

体系的な勉強ができることはもちろん、有資格じゃないとできない仕事や、

資格によって箔がつくなど効果はたくさんあります。

でも、役に立つ資格ほど勉強期間も長くなり、ビジネスマンには壁が高い・・・

この本は、資格取得のために自分をピークに持っていく技術を書いた本です。

3,000人の指導実績を誇る多田さんが語る「合格技術」とは?

私は読んでいて、大きく3つあると思います。

①事前準備・計画

資格によって、当然ですが試験の内容や方法はさまざま。

だからこそ、その準備が大切です。

意外と軽視しがちだけに、しっかりと押さえたいところ。

注目するのは「2対1対1の法則」です。

これは、試験までの期間を、

「基礎期」「応用期」「直前期」に分類し、

それぞれの時間配分を2対1対1にするというもの。

どこかで聞いた話に似ている・・・

そうだ!「PDCAサイクル」みたいじゃないですか?

この事前準備段階がPlan(計画)。

「基礎期」は、それに基づき基本を学ぶ=Do(実施)。

「応用期」は、問題を解くことで理解を深める=Check(点検)。

「直前期」は、計画を見直し取りこぼしを防ぐ=Action(改善)。

資格試験の勉強法とビジネスは、通じるところがありそうです。

②時間管理

やはり仕事を持つ身にとって、一番の難問は時間との戦い。

仕事時間と生活時間を除くと、勉強に費やせる時間というのは

自ずと決まってきます。

それをどう配分し、計画を立てて実行するか。

中長期の時間管理によって、大まかに計画を考える。

この段階では、あまり細かく考えても意味がないと思います。

勉強を進めていくに当たって、毎日の時間管理も重要。

多田さんは「やるべきことを書き出して、終わったら消す」と書いてます。

私は、仕事でこの方法を使っています。

あまり細かい管理が得意でない私は、やることを付箋に書き出して、

終わったら線を引く。

追加があったら書き足す。

1日の終わりに捨てて、翌日分を書く。

朝に見直す。

ということが、自分のなかではしっくりくる方法なんです。

時間管理も、資格試験とビジネスは同じなのかもしれません。

③自己管理

実はこれが、最も重要かもしれません。

仕事も勉強もカラダが資本。

睡眠、食事、精神状態をいかにコントロールできるか。

この積み重ねの差が、見えない結果への影響を生み出すと思います。

衝撃的な言葉。

「1週間分の遅れを取り戻すには124日もかかる!」

もし1週間全く勉強しないと、その分を上乗せして勉強しなければ

遅れてしまったままです。

だからと言って、毎日1時間2時間と上乗せできるわけではありません。

たとえ可能でも、効率は落ちてしまいます。

同じ効率を維持した状態で勉強を続けるには、15分程度の上乗せが限界。

それだと、かなり長い期間で回収しなければなりません。

だからこそ、自分自身の心身のことは、なるべく影響を与えたくないですね。

さて、私が特に良いと思ったのは、

「プロ講義法」

という勉強法。

その名の通り、講師になったつもりで勉強するということです。

「教えることは、教わること」とは聞きますが・・・

資格試験でも応用できるなんて、考えていませんでした。

確かに、人に教えるとなると自分が理解できていない点が分かります。

概略を説明して、難しいことも簡単に説明できるようにする。

「要は○○なんだ」と自分に落とし込むことで、知識が定着できる。

覚えなければいけないことも多いですから、いかに記憶に定着させるかは

とても大切なこと。

自分なりの記憶法としても、教える技術は効果を発揮しそう。

知り合いが出版したからではなく、本当に参考になる1冊だと思います。

資格取得を目指す人はもちろん、普段の仕事にも応用できる技術が満載。

ぜひ読んでみてくださいね!

—–

私sugiyuzuのブログ

「ほぼ日blog~25歳経理マンの読書とグルメ日記~」

毎日更新中です!

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@本の街・読書人の会

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/dokushojin/2598/trackback

「【読書日記002】「資格試験の合格技術」 多田健次 マガジンハウス」へのトラックバック: