本の街・読書人の会

心温まる懐かしい絵本

2008年 12月 10日by  nak
コメント:0 トラックバック:0

街はすっかりクリスマスモード。

クリスマスと言えば、クリスマスプレゼント?!

プレゼントが話題になる季節が来ると、決まって思い出す絵本があります。

今回は、その絵本をご紹介します。

瀬田貞二作・林明子絵

「きょうはなんのひ?」

福音館書店(1995/05)

 

 

 

 

 

両親の結婚記念日に、主人公=幼い女の子まみこちゃんが、

とっても素敵なプレゼントを計画します。

そう、このプレゼントはまさに計画なのです。

幼い女の子が考えた壮大な「きょうはなんのひ?」ゲーム!

彼女は学校にでかける朝、お母さんにこう言います。

「きょうは なんのひだか しってるの? …

 しらなきゃ かいだん 三だんめ」

階段三段目、そこには手紙が置いてありました。

さぁそこから、お母さんは一日中、家中を手紙探しであっちへこっちへ。

読んでいるこちらも、次は?次は?とお母さんの気持ちに。

さぁ、どんな結末が待っているのでしょうか?

それは、ぜひ、この絵本を手に取って読んで、見て、下さい。

最後は、この素晴らしいプレゼントに、本当に心が温まります。

そして、みなさんもきっとこのいたずらっぽいプレゼントを

試してみたくなるでしょう!!

ちなみに、私がこの絵本に出逢ったのは小学校の図書室。

かなり…昔のことです。

しかしながら、大人になっても、このお話が忘れられず、

あちこち探して、ようやくこの絵本を手に入れました。

みなさんの古い思い出の一冊にも、古本の街、

神保町が応えてくれるかもしれません☆

そんな出逢いがあれば、それは素敵なクリスマスプレゼントですね!

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@本の街・読書人の会

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/dokushojin/1871/trackback

「心温まる懐かしい絵本」へのトラックバック: