本の街・読書人の会

36人の作家による『作家の手紙』(角川書店)

2008年 12月 1日by  nak
コメント:0 トラックバック:0

ビジネス書から恋愛小説まで、なんでもござれ!

本を読むことが大好きな、わたくしnakが独断と偏見で

本を紹介させて頂きます!

さて、記念すべき第一回目の今回ご紹介させて頂くのは、

『作家の手紙』(角川書店)。

みなさんは、最近いつ手紙を書きましたか?

ビジネスでもプライベートでも、今や連絡は電子メールで、

手紙を書くなんて、ちょっと億劫だ…というヒトが多いのでは。

でも、やっぱり「手紙」を受け取るのは、心優しい気持ちになるもの。

この本では、36人の作家たちが、様々な場面を想定して、

ユーモアたっぷり(?)に手紙を書いてくれています。

例えば…タイプだと思った相手に交際を申し込む手紙(中村うさぎ)、

マンション管理人が住民に騒音を注意する手紙(酒井順子)、

リストラされた友人を励ます手紙(大島真寿美)、

卒園する息子へ(松久淳)、などなど。

さすが書くことのプロ、彼らの手紙には思わず唸ってしまいます。

あえて言うなら、手書き原稿でそのまま本にしてもらいたかった!

ところですが、十分、手紙として味わえます。読み終えた後は、

手紙を書いてみようかな、と素敵な筆記具や便せんを神保町で

買い求めてみたりして。。。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@本の街・読書人の会


»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/dokushojin/1674/trackback

「36人の作家による『作家の手紙』(角川書店)」へのトラックバック: