神保町カレー部ログ

「カレエコ」レポート

2008年 10月 1日by  やじ
コメント:0 トラックバック:1

行ってきましたよ~カレエコ(明大大友ゼミ・カレー班主催)。
神保町応援隊カレー部として初参加。
午前9:30。明大コモン(ガラス張りの建物)の2階で開会式。
開会式っていうから偉い先生が出てきて、意義とか話すのかと思ったら、学生の代表者が簡単な挨拶だけ。あとは班分けされた中で、しばしおしゃべり、自己紹介など。
応援隊活動でお世話になっている「まちみらい千代田」の事務局長さんや区の取材で商工課の方もご参加されてました。
自分たちの班リーダーは可愛い女子大生。お母様も一緒にご参加。気持ちが上がります。
10:00。いよいよゴミ拾いに出発。割り振られた地域はなんと神保町一丁目。明大通りを南下して、錦華通り、グリュネーアレー通りから、二丁目に渡って応援隊事務所のあるビルの前も…。
やはりこれらの通りは交通量が多いだけに、ゴミも多い。愛煙家として、とても残念だったのは、タバコの吸い殻はもとより、空箱、最初に開ける冠のフィルムの多いこと。ビニルだから溶けもせず、排水口に詰まってたり、コンクリの間に挟まってたり。つくづく愛煙家はマナーの悪さで、今の風潮を作ってしまったんだと、ちょっと悲しい思い。
専大通りの二丁目ブロックの終わりで、ゴミ拾い終了。
天気も良く、普段はここまで丁寧に拾ったことのないゴミ拾い。
カレエコの名の下に、学生さん達とゼミの話を聞いたり、趣味や将来のことなどを話ながら、楽しくゴミ拾いが出来ました。
12:00。明大に戻ってゴミ分別。これゴミなの?っていうのもあったりして…。時間がきたので、あとは学生スタッフに任せて、開会式のあった部屋へ。
カレーは国産自給率が高い食べ物で、なおかつ野菜などの皮なども使って、あまりゴミを出さない食べ物といえるのだそうです。
カレーを食べながら、班の中に二つのカレー店のバイトを掛け持ちしているほどカレー好きの男子がいて、カレー談義。また九段下に就職が決まっている明大生君は、故郷秋田を盛り上げたいと、我々応援隊の活動に興味津々(後日、入隊してくれました)。
そんな学生との交流で大いに盛り上がり、午後2:00すぎ解散。
スポーンサードには、もちろんゼミ教授や大学の協力もあったのでしょうが、とにかく学生さんが中心となった活気あふれるイベントで、汗をかいたゴミ拾いとおいいしいカレーにとても充実した楽しい時間を過ごすことが出来ました。
そして、班ごとに分かれて社会人と学生の交流の場を設けてくれたことは、何よりの収穫でした。
これからもこうしたイベントを通して、人との交流を楽しめる人たちが増えるといいなぁと思います。神保町応援隊もそういった活動をしていきますので、ぜひ、イベントに参加して、街の人とふれあう機会を増やして下さいね。きっと、新しい発見が見つかるはずですから。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@神保町カレー部ログ

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/curry/650/trackback

「「カレエコ」レポート」へのトラックバック:

  • おさんぽ神保町WEB » 神保町カレー部ログ » さぼうる2でカレーライス
    [...] 今日はカレエコ(←詳しくはやじさんのブログへ)に参加したってのに、夜になってまたカレーが食べたい。 [...]
  •