神保町カレー部ログ

カレーと古本の関係

2009年 11月 24日by  ふかうみ
コメント:0 トラックバック:0

こんにちは、ふかうみです。

今回はカレーのはなしです。

神保町のにおい、

それは古本屋に入った時にツンと鼻をつく、長い年月を感じさせる紙のにおい。

古本好きにはたまりません。

しかし、最近気付きました。

駅を出た時に真っ先に感じるにおい。

カレーです。

ああ、そういえば神保町はカレーの街でもあるとふと思い出させる、そんなスパイスの香り。

一体何軒のカレー屋があることでしょうか。

古本屋は随分見てまわりましたが、カレー屋にはまだ行っていませんでした。

なんたることでしょうか。

カレーを食わずして神保町を語るべからず、です。

そうやきもきしていましたら、先日スマトラカレーで有名だという、共栄堂に行く機会に恵まれました。

神保町で初めてのカレー屋。

わくわく。

地下にあるお店の扉を開けた瞬間、飛び込んでくるカレーのにおい。

これ、これ。

店内では古本屋帰りと思われるおじさま達がせっせとカレーを口に運んでいました。

よくわからないまま、メニューの一番上に載っていた、「ポークカレー」900円をオーダー。

      

待たずしてでてきたのは、想像していたよりも黒くて濃厚そうなカレー。

スマトラカレーというものなのか、これが。

一口、二口・・・むむむ。

スパイスの程良い辛さに野菜をじっくり煮込んだような甘さ。

なんとも言えない美味しさです。

そして、お肉が柔らかいこと!

初めて食べる絶品カレーに感動しつつも、

「一体なぜ神保町にはカレー屋が多いのか」

という前から持っていた疑問に対する答えを思案していました。

見えてきましたその答え。

古本探しの途中、お腹が減ったので何か食べたい。

凝った料理はいらない。さっと済ませて今度はあの書店に行ってみよう。

さっき買った本もちょっと読みたい。

そこでまず思い浮かぶのは、やはりカレー屋ではないでしょうか。

ラーメンだと汁が本に飛び散る。

ハンバーガー屋はおじさんには騒がしい。

サンドイッチだと食べた気がしない。

パスタは出てくるのに時間がかかる。

そうするとごく自然に、国民食とも言われるカレーが有力候補になります。

野菜やスパイスをたくさん含んでじっくり長時間煮込まれたカレー、

我々の知らない長い歴史を背負って、買い手を待っている古本。

私には似たもの同士に思えてなりませんでした。

神保町の古本文化を支えるのはカレーなのかもしれない、と考えながら店をあとにしました。

それにしても、スマトラ。

世界地図のどこにあるのか、ちっとも思い出せませんでした。

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@神保町カレー部ログ

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/curry/3630/trackback

「カレーと古本の関係」へのトラックバック: