神保町文学散歩

村上春樹『ノルウェイの森』(その1)

2008年 11月 5日by  深津
コメント:4 トラックバック:0

「神保町文学散歩」のコーナー。漱石に次いで取り上げる作家は村上春樹です。彼は現在、「出せば必ず売れる」数少ない作家であり、また、欧米・中国・韓国でもっとも著名な日本文学者の一人です。

まずは作家のプロフィールを確認しておきましょう。村上春樹は1949(昭24)年、京都生まれ。いわゆる「全共闘世代」です(あとで述べますが、この時の体験が、彼の小説に大きな影を落とすことになります)。県立神戸高校卒業後、早稲田大学第一文学部で演劇学を専修。大学在学中(留年中?)に陽子夫人と結婚し、ジャズ喫茶を経営。1979(昭54)年、デビュー作『風の歌を聴け』で「群像新人文学賞」受賞。1987(昭62)年、『ノルウェイの森』が空前のベストセラーとなり、以降、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』といった大作を発表しています。このなかには、読んだことがある(買った覚えがある)という作品も多いのではないでしょうか。

さて、その村上春樹と神保町界隈との接点ですが、これが意外に(?)ありません。彼の小説の舞台といえば、やはり定番は、かつて彼がジャズ喫茶を経営していた青山(神宮外苑)界隈ということになります。小田急線沿線や中央線沿線というのもよく出てきます。いずれもいわゆる「山の手」です。

これに対して、東京の「下町」側は、とくに彼の初期作品にはほとんど出てきません。村上春樹の小説に、(上野・神田・日本橋といった)「下町」側が頻出するようになるのは、『ノルウェイの森』が最初です。今回「神保町文学散歩」として取り上げるのも、この『ノルウェイの森』に描かれた神保町です。(以下次回)

(↑)赤&緑と「クリスマス・カラー」のブックカバー。実際、20年前には、(恋人同士の)クリスマス・プレゼントとして人気でした。懐かしい…。

[amazon]4062748681[/amazon]

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

  1. ノルウェイの森にも神保町が出てくるのですね!
    わたし気づきませんでした(^_^;)
    どう読み解いてもらえるのか、楽しみです☆

    By のんぶ- Date 08/11/16 12:53

  2. のんぶーさん、コメントありがとうございます。
    このところちょっと仕事がたて込んでいて、なかなか更新できないのですが、ご期待に添えるようがんばります。お楽しみに。

    By 深津 Date 08/11/16 18:56

  3. 早速拝見しましたよ〜。
    『ノルウェイの森』は、数年前に『恋を何年休んでますか』というドラマで、
    仲村トオル&矢田亜希子の不倫カップルが、
    二人の思いを確認し合うために上下巻をそれぞれが持つという、
    実にクッサイことをしておりました。

    そんなロマンティックな話じゃないのに、
    間違った受けとめられかたをしてますよね〜。

    By えみりんご Date 08/11/19 20:21

  4. えみりんごさん
    書き込みありがとうございます。
    不倫カップルが、『ノルウェイの森』を、
    >二人の思いを確認し合うために上下巻をそれぞれに持つ…
    というエピソードははじめて知りました。
    これは面白いですね。授業のネタで使わせてもらいます。
    しかし、なんで『ノル森』?
    上下二巻本なら、『罪と罰』とか、不倫っぽくてよい気もしますが…(笑)

    By 深津 Date 08/11/20 9:02

前後の記事@神保町文学散歩

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/bungaku/1368/trackback

「村上春樹『ノルウェイの森』(その1)」へのトラックバック: