編集室だより

「学び」を身近に。 Co Learning Space「みらい研究所」

2017年 2月 24日by  石川
コメント:0 トラックバック:0

神保町の靖国通り。そこは数多くの古書店やカレー屋が軒を連ねる大通り。
その一角にある、スマトラカレーの名店「共栄堂」と同じビルの3階に「みらい研究所」というCo Learning Spaceがあります。
隠れ家のような空間でありながらも開放的。2016年10月にオープンしたばかりで清潔感があり、居心地の良さは抜群です。

さて、今回はそんな「みらい研究所」にお邪魔させて頂き、オーナーの後藤さんにお話をお伺いしました。
先ほど少し触れましたが「みらい研究所」は”Co Working Space”ではなく”Co Learning Space”です。”
“「学び」を身近にしたい”というコンセプトで運営をされているそうで、単に仕事の打ち合わせや自習で利用するだけではなく、周りの人と交流したり、スタッフさんに学習の相談を持ちかけることもできるのだそう。
室内を見回してみると、実に多くの「学び」で溢れています。
本棚にはビジネス本に留まらず絵本やマンガもあり、更には「カタン」や「枯山水」などのボードゲームまで取り揃えてありました。
一見遊びのようなモノからも「学び」は得られるんですね。
私はそこに「学び」をひとつ得ることができました(笑)

そして部屋の一角に、靴を脱いで寛げるリラックススペースを発見。
ここでは都内でも珍しい、今話題のVRを体験できます。
なんと私も挑戦させていただけることに。
ゴーグルをセットすると、そこは暗闇の空間が広がっていて、その空間に文字やイラストを描くことが出来るようになっていました。
映画『マトリックス』の仮想空間がまさに目の前に、という感じでした。

「学び」や「きっかけ」が身近に感じられるような工夫として、様々な催しも充実しています。
毎週火曜は数学の日として数学の勉強会を開催中で、来たる3月14日(火)には書泉グランデとコラボした数学イベントを予定。
開催日の「3月14日」→「3.14」→「円周率」という素晴らしい日に、数学の講演会や数学に関連する書籍の販売を行うとのことです。

さて、私事で恐縮ですが、現在私は大学3年生で、卒論や就活を控えています。
やるべきことが山積みで、頭が煮詰まることもあると思います。
そんな時、ここへ来て、凝り固まった思考回路を刺激させたいな、と思いました。
利用料金は1時間600円でドリンク一杯のサービス付き。
ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

みらい研究所 http://mirai-lab.org/

神保町おさんぽ地図

神保町おさんぽ地図はこちら(PDF)

コメント

前後の記事@編集室だより

«
»

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osanpo-jimbo.com/blog/18228/trackback

「「学び」を身近に。 Co Learning Space「みらい研究所」」へのトラックバック: